ホワイトニングの種類

ホワイトニングは大きく分類すると種類が3つあります。
ここでは、ホワイトニングの種類と特徴について見ていきましょう。
オフィスホワイトニングは、歯科医などで行うものです。
ホワイトニング剤を塗った後、歯の色素を光やレーザーを当てることによって分解します。
高濃度のホワイトニング剤を使うことと、プロの医療機器を使った方法であるため、高い即効性があり、歯の白さを施術した日から体感することが可能です。
プロの歯科衛生士や歯科医が行うため、手軽で安全なことも一つの魅力です。
しかしながら、効果が持続する期間が短く、3ヶ月~6ヶ月間が平均の目安になっています。

ホームホワイトニングは、ホワイトニング剤の低濃度のものを使って、ホワイトニングを自宅で行うものです。
ほとんどの場合はマウスピースを自分の歯の型に応じたものを作って、薬剤をそこに入れて着けるというのが一般的な方法です。
ホワイトニング剤は低濃度のものを使うため、2週間以上歯の白さを体感するまでに期間が必要です。
また、オフィスホワイトニングに比較して安くできるというメリットもあります。

デュアルホワイトニングは、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用した方法です。
現在では、歯を一気にオフィスホワイトニングで白くした後、効果をホームホワイトニングによって持続させるようなデュアルホワイトニングを選択する場合が多くなっています。
本サイトでは、どんな種類があるか、種類が2つある、ホワイトニングの特徴、についてご紹介します。



≪注目サイト≫
歯の形・並びを整えるセラミック治療やホワイトニングを施術している大阪の美容歯科です > 大阪 セラミック

Copyright © 2014 ホワイトニングの種類 All Rights Reserved.